トイレリフォームで年を取っても快適なトイレに

どなたでも何気なく毎日の生活の中で使っているのがトイレです。

ご自宅にトイレが無くてもよいという方はいらっしゃらないと思います。老若男女、誰もが毎日必ず使う場所ですから、トイレリフォームは誰にとっても快適なトイレを作ることを意識しなものでなければいけません。



特に、ご家族にすでにご高齢の方がいらっしゃる場合や、まだまだ若くてもその住宅に年をとっても住み続けることをお考えの方の場合には、是非とも高齢者が快適に使えることを考えたトイレリフォームにしていただきたいものです。



年を経て少々身体が不自由になったとしても、トイレを自分一人の力で済ませられるかどうかは人間としての尊厳に関わる大きな問題だからです。



使いにくいトイレであるばかりに人の介助が必要となったり、あるいは介助を受けることを嫌って生理的な欲求を我慢しなければいけない生活では豊かな老後とはとても言えません。

例え足腰が弱ってしまって歩行が難しくなってきたとしても、一人でトイレを済ませられるようなリフォームが理想です。



手足に少々の不自由が合っても問題ないように十分なスペースを確保し、足腰の力が弱ってしまったとしても身体を支えられるように手すりを付けるなどの対策をしておくと効果的です。



スペースとしては最低でも135cm×90cm、出入り口も60cmは確保してください。また、高齢者に優しい最新機能を付けたトイレリフォームもおすすめです。


例えば用を足した後の乾燥機能や、自動で水が流れる機能などが人気です。



関連リンク