トイレリフォームでシニアライフを快適に

高齢者のみで暮らす世帯が増加する中で人気が高まっているのがトイレリフォームです。

そのメリットをシニアライフという視点で考えると二つのことが挙げられます。



まず一つ目はトイレリフォームにより生活の自立度が急速にあがることです。



加齢に伴い身体能力が衰えてもトイレで自分の力で用を足したいというのは人間の切なる願いです。



しかし実際、トイレには段差があったり、空間的に狭かったりと加齢とともにトイレを使うのが不便になったと感じる人が多いです。

そしてトイレが使用できなくなると、羞恥心や自己嫌悪感から一気にふさぎ込んでしまい老いてしまい、ますます介護度が進んでしまうという悪循環に陥りがちです。
そこで、トイレリフォームにより段差をなくし、手すりをつけ、洋式のウォシュレットにすることにより、高齢者が介助なくして自力で排泄をできるようになり、自信を取り戻し、自立度を高めることができます。

二つ目はトイレの改修であれば費用がそれほどかからないので年金生活でも実現できることです。在宅生活を送る高齢者が増加する中、住宅を改修する人が増えていますが、巨額な費用のため断念する人も多いです。



しかし、トイレのみであれば空間も限られていることから少額でバリアフリー化の図るなどの改修を行うことができます。



トイレは日常生活に不可欠な場所なので、そこを快適にするだけでも生活全体の質が向上し、より長く住み慣れた家で暮らすことが可能となります。



関連リンク

  • トイレは家族皆が使う大事なところですね、なので、床壁便座や便器選びなど、いろいろ調べました。主婦としては節水があることは外せないですね。...

  • 高齢化が進む中で在宅で生活する高齢者数も増加しています。そのような中、シニア生活の視点からトイレリフォームのメリットを考えると三つのことが挙げられます。...