シニア生活とトイレリフォームのメリット

高齢化が進む中で在宅で生活する高齢者数も増加しています。



そのような中、シニア生活の視点からトイレリフォームのメリットを考えると三つのことが挙げられます。


まず一つ目はトイレリフォームにより生活の質が向上することです。



トイレは人間の生活に必要不可欠な場所です。また、「排泄をトイレで自力でしたい」というのは人間の根本的な欲求でもあります。



そのため人の力が必要となった時、羞恥心や自己嫌悪感から老いが進むともいえます。



したがってトイレリフォームによりトイレを使いやすくすることで生活全体の質を向上させることができます。
二つ目はトイレに潜む危険性を除去するというメリットです。



トイレは換気扇が必要な場所ですので一般的に温度が低いです。

特に冬場は寝室よりも数段低くなっており、その温度差から心筋梗塞を起こす高齢者も多いです。

そこで、トイレに人が入るとそれを察知して自動でヒーターがつく仕組みや便座を温かくする機械を設置することでそれらのリスクを除去できます。

さらにトイレは段差があり、かつ狭いところが多いので転倒すると頭部を打つなどの危険性があります。
そこで段差を解消し、手すりをつけることでそのような危険性を取り除くことができます。

三つ目はトイレの便座自体の改良が進んだことです。

日本のトイレに関する技術は世界でも高い評価を受けています。


そして近年、その技術は飛躍的に向上しており、少額でよいトイレが設置できるようになっているので年金生活でも安心して、改修することができます。



関連リンク